THE 理系男子のブログ

理科趣味にお送りする理系男子のブログ

理科趣味の大学生がお送りしています。鉱石や天文から時計、万年筆、珈琲まで幅広く綴っております。

ボダムのダブルウォールグラス

部屋がサウナ状態になりがちな今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

 

こうも蒸し暑いとホットコーヒーよりも冷たいアイスコーヒーやアイスカフェオレが飲みたくなります。ハンドドリップでアイスコーヒーを作る時のこつは

 

1.氷で薄まるのを考慮していつもより濃いめにドリップすること

2.酸味が強くならないように冷やすときは急冷すること*1

 

の2点が挙げられます*2

 

もちろんそれ以外にも麦茶やコーラなどキンキンに冷えたのを飲みたいですよね。

しかし冷たいのを飲もうとコップに氷を入れたりすると決まってコップの外側が結露してしまいます。

あいつ意外と鬱陶しいですよね。

コースターによっては底にくっついたりしてしまいます。

 

今回はそんな悩みを解決してくれる素敵なグラスを紹介します。

 

 目次

 

 

 

ダブルウォールグラスとは

 

f:id:orient88:20190820114226j:plain

 

 ダブルウォールというその名のごとく、ガラスが2層になっています。

 この構造のおかげで、外側のガラスと内側のガラスとの間に空間が生まれ断熱効果を得ることが出来ます。

 

 なんだかエセ科学っぽいこと言ってる気がしますが、外部の温度が伝わりにくければいいので、そういう材質を採用すれば良いわけです。

んでガラスと空気の(20度での)比熱と熱伝導率を比較すると

 

ガラス 比熱:840[J/kg℃] 熱伝導率:0.76(W/m K) *3

空気  比熱:1006[J/kg℃] 熱伝導率:0.0257(W/m K)*4

 

 であることがわかります。このようにガラスよりも空気の方断熱性に優れています。

 冷たい飲み物は温くなりにくいし、温かい飲み物は冷めにくいです。

 

 

汗をかきにくい

 

f:id:orient88:20190820125623j:plain

 

 また結露がほとんどないのでコースターを用意する必要がありません。

結露の仕組みは外部の空気が冷やされて状態変化することによるものですが、2層構造になってるおかげでその心配がなくなるわけです。

 とはいっても滑りやすいのでコースターはあった方が良いかもしれない笑

 

持っても熱くない

 

f:id:orient88:20190820125735j:plain

 

 しかもしかもホットコーヒーなど熱い飲み物を入れても、外側は暑くないので持ちやすいです。

 ただし実際はアッツアツだったりするので飲むときは火傷に十分注意してください。

 

レンジ可

しかもしかもしかもこのグラスは電子レンジに対応しています。

なんて素敵なグラスなんでしょう。

最初珈琲飲んで途中からホットカフェオレにすることも出来るんですね!

ありがたいです。

 

底のシリコンについて

 

f:id:orient88:20190820123046j:plain

 

 断熱効果云々語ってきましたが、完全断熱は存在しませんのである程度は熱が伝わります。そのとき中の空気が膨張しすぎてしまったらグラスは割れてしまいます。

 それを防止する役割を持つのがグラスの底部にあるこのシリコンです。

 水などの液体は通さず空気の出入りを可能にしているそうです。

 これによって一定の気圧にコントロールできてるそうな。。

 なのでこのシリコンは取ったり傷つけたりしないように気をつけるようにした方が良いですね。

 

 

こんなオシャレで高スペックなグラス、当然そこそこの値段になってしますため買うには至らない方が多いと思いますのでプレゼントにはもってこいと言えるでしょう。

ボダム以外にもダブルウォールグラスを展開しているメーカーは複数有るので、一度調べてみてはいかがでしょう。

 

*1:化学的根拠はよく知りません

*2:ほかにもあると思われますが私が注意している2点になります

*3:

■ 各種物質の性質: 非金属固体の性質

*4:

■ 各種物質の性質: 気体の性質