THE 理系男子のブログ

理科趣味にお送りする理系男子のブログ

理科趣味の大学生がお送りしています。鉱石や天文から時計、万年筆、珈琲まで幅広く綴っております。

APICA(アピカ)のスケジュール帳

秋風感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

 

 もう数ヶ月で2018年も終わりますね。あっという間です。

そういやほんの1年前まで受験生だったのか、本当に早いもんです。

 

 年の暮れに近づくにつれて来年のカレンダーや手帳を用意しないとって気持ちになります。いつかは野帳に日付を書き込んでスケジュール帳にしていたときもありました。

 

 もちろん昨年も手帳を用意しました。

 センター試験から自己採点から、2次試験の願書云々等期日を守らねばならないことだらけだったのでそれを管理するために購入しました。

 そのとき買ったのがアピカの手帳です。

文房具好きの方ならアピカと聞いてCDノートを想起するかと思います。

私が買った手帳はなんとそのCDノートがそのまま手帳になったようなデザイン、仕様となっています。

 

f:id:orient88:20180920224711j:plain

 

 ほぼ日手帳ユーザーやシステム手帳ユーザーなんかは手帳カバーについているペンホルダーに手帳用のペンを常備してると思います。

 しかし私の場合だとホルダーはおろか、手帳用のペンなんてもんを特に決めずに使っていますのである時はシャープペン、ある時はボールペン、はたまたある時は万年筆(水色)で記入してしまうわけです。

 それ自体は問題ないのですが、ヘタに安い手帳を使ってしまうと万年筆や水性ペンで書き込んだときに滲んだり、裏透け裏抜けが起こる場合があります。

 そんなわけでノートとしてCDノートを日頃から使っていてその実力を知ってたんで、今の手帳を選ぶこととなりました

 

中身です。

 

f:id:orient88:20180920224746j:plain

f:id:orient88:20180920225111j:plain

 

 マンスリーとメモ帳がほとんどを占めています。

 後ろのメモ欄には重要な事柄を書いていました。

 たとえば大学入試のタイムスケジュールなんかです。本命一校、併願に一校と志願しました。どちらも県外だったので宿泊先の手続きや移動手段なんかを書いてました。

 まだ1年も経ってないのに懐かしさを覚えるなぁ

 

f:id:orient88:20180920230700j:plain

 

上記の写真は万年筆で書き込んでいます。見ての通りにじみが全くといって良いほどありません。

 万年筆ユーザーにはもってこいです。また万年筆を使用しない方でもデザイン重視をするのであれば、このレトロなデザインは魅力的なのではないでしょうか。

 是非一度本屋さんなどで手に取ってみると良いですよ。