THE 理系男子のブログ

理科趣味にお送りする理系男子のブログ

理科趣味の大学生がお送りしています。鉱石や天文から時計、万年筆、珈琲まで幅広く綴っております。

天青石:celestine(セレスタイト)の紹介

 大学の夏休みを利用して少し遅いながらも実家に帰省しました。

 その際、仙台駅に寄りまして、駅構内のエスパル3階にあるTHE STUDY ROOMという理化学用品やその手の雑貨を売ってるお店に行ってきました。

 ここのお店には約7年前から定期的に行っています。

 今回のような長期休業などで仙台駅に寄る機会があるときは毎回行ってるって感じです。もうあそこのお店楽しいんですよね。理科趣味にはたまらないです。

 それで今回は2点購入してきました。この記事ではそのうちの1点目を紹介します。

 

f:id:orient88:20180911031049j:plain

 

 天青石(てんせいせき)、セレスタイトとも呼ぶようです。

 硫酸銅やサファイヤのように青々しい青色ではなくややくすみが買っています。

 ウィキペディアでは青灰色と表現しています。

 個人的には非常に好きな色です。真っ青な青も好きなのですが、こちらの方が神秘的というか吸い込まれそうな感じがして良いなぁと感じます。

 日が昇る前の夜が白んでくる頃の宙の色にも似ていますね。

 

f:id:orient88:20180911031730j:plain

 

 よく鉱石を見て「美味しそう」とか「デザートみたい」という感想を残す方を見かけます。今までは全く共感できなかったのですが、なんとなくわかる気がしてきましたね(笑)

 

 因みにこの天青石はパワーストーンの観点から見ると「澄んだ天空」を象徴しているらしていて、マイナスパワーを浄化する効果があるらしいです。

 それと検索してみて気づいたのが「天青石」で検索すると鉱石としての情報が、「セレスタイト」で検索するとパワーストーンとしての情報が引っかかりやすかったです。

 蛍石や方解石でググるよりもフローライトでググった方が加工された石がヒットしやすいのと同じあれですかね?

また一つ疑問が生まれた。。。