THE 理系男子のブログ

理科趣味にお送りする理系男子のブログ

理科趣味の大学生がお送りしています。鉱石や天文から時計、万年筆、珈琲まで幅広く綴っております。

ビーカーの活用法4選

 自分は理科趣味だよーーって方。

 そんな貴方はきっとビーカーを持っていると思います。そのビーカーをどのようにして使っているでしょうか。飾ってるだけではもったいないですよ。今回は私なりのビーカーの活用法を書いていきます。

 

 

 

1 飾る

 なんか早々にごめんなさい。。

でもほかの関連性のあるような実験器具なんかと並べて飾ると見栄えが良いですよね。  鉱石を入れて飾ったり、ドライフラワーや貝殻といった標本を入れるのもまた素敵です。

出窓のように日が入りやすい場所に置くと良さげですね。

f:id:orient88:20180902224246j:plain

f:id:orient88:20180902231117j:plain

 

 

 

2 計量カップとして使う                             

 計量カップは100均で買った。という方は多いと思います。うちの実家もそうでした。しかし100均とか安いのってメモリの印刷が消えてしまったり、そもそもメモリが正確じゃないってことがあります(某百円均ショップで買ったのがそれだった)。

 ところがビーカーというのは精巧にできてますのでメモリが消えるのは稀です。小学校の理科室にあったビーカーでメモリがなくて測れない!!なんていうのはありませんでしたよね。

 

 

3 コップとして使う(個人的にこれの頻度が一番高い)

 

 YouTubeで理系VS文系ってタイトルの動画を見たことがあります。

 内容は質問に理系文系がそれぞれ答えたり、互いに質問しあったりというものです。後半で文系側が、「理系はビーカーでビールを飲むって聞いたことがあるんですけど許雄等なんですか?笑」と質問して「え、初めて聞きました笑。飲んだことないです」と理系側が答える場面がありました。

「ふーん、そうなんだー」と私はそれをビーカーで珈琲を飲みながら観ていました。

 そこは別良いのですが、ビーカーは耐熱なんで電子レンジはおろか、直火すらOKです。なんて便利な。珈琲をハンドドリップで淹れる方や、カフェオレを創る方にはもってこいの道具ですよ。金線、銀線が入ったお洒落なカップは電子レンジ不可なので温め直しにも使えます。さらにさらに口も広いので大きい氷も入ります。本当便利。停電したときアルコールランプを引っ張ってきてそれでお湯を沸かしたこともあります。

f:id:orient88:20180902231936j:plain

f:id:orient88:20180902232021j:plain

 

4 実験器具として使う

                                  

 私は一回しかやったことがありませんが*1、家庭でも出来ますからね。

 スタンドとかアルコールランプとか設置してるのを家に来た女の子に見られたらドン引きされること間違いなしでしょう。

*1:種類の違う万年筆のインクを混ぜ合わせると固化するらしいので、色々混ぜてみて実験しました。驚くことに私の組み合わせた範囲では数日経過しても液体のままでした。