THE 理系男子のブログ

理科趣味にお送りする理系男子のブログ

理科趣味の大学生がお送りしています。鉱石や天文から時計、万年筆、珈琲まで幅広く綴っております。

靱帯損傷完治

長らく私を苦しめていた靱帯の損傷が完治しました。

 

 

けがした経緯

 卓球部に所属している私はいつものように練習に励んでいました。
 そのときは試合形式で打ち合っていました。フォア側に飛び出たボールを返球しようと無理に飛びついたら、着地(?)をミスって盛大に足を捻ってしまいました。
 痛いのなんの。いったん休憩にしてもらって休んでいましたが何にもしていなくても痛みがきて、その日は帰ることにしました。夜も痛みが続いてあまり眠ることが出来ませんでした。
 そうして翌日に整形外科に行って診てもらうことにしました。レントゲン写真を撮ってもらって、診察室で「靱帯やっちゃってるねーー」とおっちゃん先生に元気よく診断されました。
 そのときの私はことの重大具合をよく知らなくて「靱帯か。。暫くは卓球出来ないな」程度にしか思っていませんでした。直後の先生の言葉で現実を知りまして、

「んじゃギプス巻くから奥の部屋で待ってて」

「はい え、ギプス????????」

「うん固定しなきゃいけないから」 

おっちゃん真顔で淡々と言うなや       

そしてギプスがまかれ、、

f:id:orient88:20180816124244j:plain

 

 一人暮らしの身なので両親に連絡を入れました。LINEでこの画像を送って報告した訳なんですが、返信よりも先に電話がかかってきて(笑)その第一声が「何やってんのバガ!!」でした

 まぁ、ホントに一人暮らし開始早々に何やってんだって話ですよね。

 でも問題はここからで、この足で日常生活を3週間送らなきゃいけないということです。松葉杖なんで大学にはバスで通わねばいけませんし、何より風呂なんですわ。

 写真撮り忘れてしましましたが、私はギプスのてっぺんと膝の下辺りとをラップで巻いてからポリ袋をはいて、ガムテープでぐるぐる。って感じにしていました。取りあえずギプス内に水が浸入しなければ良いので。

 どこかのブログでシャワーだけだと浸水してしまう、とあったので湯船にお湯を張ってそれでなんとかやりぬこうを目論んだのですが、狭くて深いバスタブだったもんですから体勢を維持するのがつらかったです。

 で、結局シャワーだけで頑張りました。上記のような保護の仕方でなら水が浸入してくることはまずありませんでしたが、脚から放たれる熱気によって袋内に水滴が付いてしまい、ある程度は濡れてしまうって感じでした。

 

そしてやっとギプスがとれました。

f:id:orient88:20180816124344j:plain

 

 醜い脚で申し訳ないです。
 こう見た感じではわかりにくいのですが、明らかに脚は細くなり筋肉がなくなってプニュプニュになってしまいました。なによりギプスをつけていた時は半ズボンだったので日焼けの跡がくっきりとありますね。
 

 両足で歩ける幸せって感じです。

 

f:id:orient88:20180817123702j:plain

 

 これ、松葉杖を使い始めた頃の腕とギプスがとれたときの腕の比較です。
基本的に松葉杖は1本で行動していたため、腕が太くなるのではないかと思って写真を撮って比較してみたのですが、さほど変わりなく細いままですね、、日焼けした程度です。

 まぁ、良い経験が出来たなって思えば良いのかな