THE 理系男子のブログ

理科趣味の大学生がお送りしています。鉱石や天文から時計、万年筆、珈琲まで幅広く綴っております。

歴戦の勇者 GRAPH1000 for pro の紹介

 プロフィール無視って全然関係のない記事ばかり投稿していたので今回は文房具の話題にします。

 

 私は文房具好きで常人よりは色々なペンや文房具を持っています。

 もし一番気に入ってるペンは何?と聞かれたとしたら答えるのは難しいと思いますが、一番古株で今現在も活躍してもらってるペンは何かと聞かれたら答えることが出来ます。それがぺんてるグラフ1000です。

f:id:orient88:20180819151747j:plain

 黒くて細めシャープペンシルです。

 芯径は0.30.40.50.70.9があります。私は0.3と0.7を愛用しています。

f:id:orient88:20180819152439j:plain

 まずは0.3の方から見ていきましょう。

 これは私が中学校2年の時に購入したものです。もうじき使い続けて5年目を迎えます。ところどころ塗装がはげていたり、刻印が消えてる箇所がありますがそれでも筆記に影響するような不具合はありません。丈夫ですね。

 日常使いや定期テスト、高校受験、大学受験と数々の戦いを乗り越えてきました。まさに歴戦の勇者ですね。

f:id:orient88:20180819152841j:plain

 このように印刷部分が消えかかり、クリップも広がってしまいました

 

 次に0.7の方を見ていきましょう

f:id:orient88:20180819153054j:plain

 これは高校3年の時に買ったので先の方とは打って変わって外観が非常にきれいです。元々は0.3の細い芯が好きだったのですが、高校になってからは太めが好きになったので0.7も買い足しました。

 0.7のペンはこれの他にカヴェコ*1スペシャル*2と、カランダッシュ*3849*4を持っています。正直な話カランダッシュの849の方が書きやすいと感じました。そんなこともあって、出番は少なめかなと思います。

 それでも自分は筆箱の中身が毎回同じってわけではないので全く使わないということはありません。

f:id:orient88:20180819153809j:plain

 グラフ1000って新しくなったんですかね?

 最初に買った0.3には芯クリーナーが付いていたのですが、あとから買った0.7の方には付いてませんでした。単に芯径が太いから必要ないってことかな

 

f:id:orient88:20180819154007j:plain

 

 実際の筆記線を比較してみましょう。

 0.3と0.7とを比べてみるとなると違いは一目瞭然ですね。

 いつもはどちらもPILOTグラファイト2Bの芯を使っています。濃い方が好きだし、書いてるうちに芯が減っていく感覚がまた良いなぁと思うので基本的に2Bです。ただ、今は0.3にはBを使用しています。それもあっていささか薄いですね。

 グラフ1000てマットな感じなんですが2つのペン先を見ると、使い込んだ0.3はつやつやしていますね。年季がこもっとる

 

f:id:orient88:20180819154510j:plain

 ちなみに芯は大抵別の芯ケースに入れています。理由は何かかっこいいからです。趣味なんで多少値が張ってようと、使い勝手が悪かろうとなんか良いなって思ったら手に入れたくなってしまうもんなんですよね。

*1:ドイツの筆記具メーカー

*2:カヴェコの人気シリーズ

*3:スイスの筆記具メーカー

*4:カランダッシュの人気シリーズ

夏場の朝は心地よいですね

 育ちが秋田の私は現在県外で一人暮らしをしています。
 この記事を書いているのが八月半ば、つまり(?)盆休み中ということになりますが、いやいや暑いのなんの。堪ったもんじゃ有りませんね。暑がりな自分にとっては地獄です。正直5月から暑すぎやろ!!って愚痴ってました
 夜は寝苦しいし、窓開けても入ってくるのは風ではなく虫だし。。

f:id:orient88:20180817131131j:plain

そんな私は早起きさんなもんでして、日が昇る前やその直後くらいから活動しています。下の階の方には迷惑かもしれませんがね。。
 

高校3年の受験期のルーティンがまだ残ってる感じですかね。受験当日、ちゃんと頭が回るようにというのと寝坊が怖かったのとで起床時間を早くしていました。

おかげで現在は涼しい朝間を有意義に過ごしています。
散歩したり、ちょっと凝った料理を作ったり。大抵は珈琲や紅茶を淹れて寛いでるだけなんですけどね。

 

f:id:orient88:20180819142023j:plain

 

 朝一番に珈琲や紅茶は体に良くないと言われているので牛乳や豆乳を加えてマイルドにしています。ついでに言うとミルクを加える飲み物には蜂蜜を入れるようにしています。というのも単に美味しくなったのもそうなんですが、肌の調子が良くなったからです。調べたら1日スプーン1杯の蜂蜜は色々と健康に良いらしいです。

 これと一緒に前日の講義の復習をしたり(ほとんどしない)、その日の講義の予習をしたり(ほとんどしない)、宿題をしたり(これはする)、本を読んだり(よくする)。


 お供に音楽を聴いたりもしますが、ラジオを聴くことの方が多いですね。「Memories&Discoveries(メモリーズアンドディスカバリーズ)」っていう朝倉あきさんがパーソナリティで4時~5時半までやってるラジオを高校の時から聞いていました。

 

そうして夜が明け7時にもなると暑くなってくるんですよね。。まいったまいった

靱帯損傷完治

長らく私を苦しめていた靱帯の損傷が完治しました。

 

 

けがした経緯

 卓球部に所属している私はいつものように練習に励んでいました。
 そのときは試合形式で打ち合っていました。フォア側に飛び出たボールを返球しようと無理に飛びついたら、着地(?)をミスって盛大に足を捻ってしまいました。
 痛いのなんの。いったん休憩にしてもらって休んでいましたが何にもしていなくても痛みがきて、その日は帰ることにしました。夜も痛みが続いてあまり眠ることが出来ませんでした。
 そうして翌日に整形外科に行って診てもらうことにしました。レントゲン写真を撮ってもらって、診察室で「靱帯やっちゃってるねーー」とおっちゃん先生に元気よく診断されました。
 そのときの私はことの重大具合をよく知らなくて「靱帯か。。暫くは卓球出来ないな」程度にしか思っていませんでした。直後の先生の言葉で現実を知りまして、

「んじゃギプス巻くから奥の部屋で待ってて」

「はい え、ギプス????????」

「うん固定しなきゃいけないから」 

おっちゃん真顔で淡々と言うなや       

そしてギプスがまかれ、、

f:id:orient88:20180816124244j:plain

 

 一人暮らしの身なので両親に連絡を入れました。LINEでこの画像を送って報告した訳なんですが、返信よりも先に電話がかかってきて(笑)その第一声が「何やってんのバガ!!」でした

 まぁ、ホントに一人暮らし開始早々に何やってんだって話ですよね。

 でも問題はここからで、この足で日常生活を3週間送らなきゃいけないということです。松葉杖なんで大学にはバスで通わねばいけませんし、何より風呂なんですわ。

 写真撮り忘れてしましましたが、私はギプスのてっぺんと膝の下辺りとをラップで巻いてからポリ袋をはいて、ガムテープでぐるぐる。って感じにしていました。取りあえずギプス内に水が浸入しなければ良いので。

 どこかのブログでシャワーだけだと浸水してしまう、とあったので湯船にお湯を張ってそれでなんとかやりぬこうを目論んだのですが、狭くて深いバスタブだったもんですから体勢を維持するのがつらかったです。

 で、結局シャワーだけで頑張りました。上記のような保護の仕方でなら水が浸入してくることはまずありませんでしたが、脚から放たれる熱気によって袋内に水滴が付いてしまい、ある程度は濡れてしまうって感じでした。

 

そしてやっとギプスがとれました。

f:id:orient88:20180816124344j:plain

 

 醜い脚で申し訳ないです。
 こう見た感じではわかりにくいのですが、明らかに脚は細くなり筋肉がなくなってプニュプニュになってしまいました。なによりギプスをつけていた時は半ズボンだったので日焼けの跡がくっきりとありますね。
 

 両足で歩ける幸せって感じです。

 

f:id:orient88:20180817123702j:plain

 

 これ、松葉杖を使い始めた頃の腕とギプスがとれたときの腕の比較です。
基本的に松葉杖は1本で行動していたため、腕が太くなるのではないかと思って写真を撮って比較してみたのですが、さほど変わりなく細いままですね、、日焼けした程度です。

 まぁ、良い経験が出来たなって思えば良いのかな

靱帯損傷しちゃったの巻

ご機嫌いかがですか?

僕は最悪です。卓球部とボクササイズサークルに入っているのですが、卓球の方でやらかしてしまいました。無理にボールを返そうとしたら「グギッ」と鳴って。。。

 

そのときは捻っちゃったなー程度に思ってて、そのまま帰宅しました

しかし痛みで眠れず、翌日整形外科に行くことにしました。で、いざ行ってみたらどうでしょう。靱帯が切れてると言われたあげく、あれよあれよという間にギプスが装着されました。

 

こんなの人生初ですよ。

無論松葉杖も使っています。しかしこれ、腕が疲れますね。。想像以上です

中々不便だけど、耐えるしかありませんね。。頑張ります

ニトリの回転式ダイニングチェアを購入しました

ご機嫌いかがですか?

私は最高です!

 

 

 

 

部屋改造記の第一回目となりました。(前回記事)
まずは注文していたニトリの椅子を導入するところからですね。

段ボール椅子にさようなら

f:id:orient88:20180503144928j:plain

 

今までの椅子がこちらになります(笑)
今見返してもついつい笑ってしまいます。使い始めは良かったものの段ボールが徐々にしずんでくるようになったので新たに購入するに至りました。

 

開封の儀

f:id:orient88:20180608214212j:plain

届いた段ボールを見てびっくり。まぁ大きいこと(笑)
はたして狭い廊下を通ることが出来るのかっっっっ??という感じでした。

持ち上げると手が壁に突っかかってしまうため無理やり引きずって部屋に運びました

 

 

 

中はこんな感じ

f:id:orient88:20180608221038j:plain

 

梱包はこんな具合でした。あまりネットショッピングを利用しないので良いのか悪いのかはよくわかりませんが、中で動かないようしっかり固定されていたのでよろしんじゃないのかなと思いました。

 

自分で組み立てます

f:id:orient88:20180608221111j:plain

 

この商品は組み立てとなっていますが、非常に簡単です。脚と座面をつなげるだけ。
しかもどんな仕組みになっているかをまじまじと眺めることが出来ますので、分解して構造を調べるのが好きな方なんかは少しばかり楽しめるひとときとなること間違いなし!笑

ただこの時の注意点として、カーペットやら梱包材やら何かしら床に敷くのが良いでしょう。特に私のように賃貸の方は要注意ですよ。

完成品

f:id:orient88:20180608221143j:plain

 

完成品がこちらになります。
以前書いたように肘つきの回転式椅子にしました。

木の色合いがお気に入りです。それに質感もすべすべしていて良いです。

 

 

いやぁ~やっと落ち着けるようになりました。
机、ベッド、テーブルと全て移動させましたが記事の内容の都合上今回は記載しません。ですが非常に快適な空間に変わったため、また次回をお楽しみにしてください。

測量野帳のレビューと使い方の紹介

 測野帳をご存じだろうか?

目次

 


最近名前がどんどん知られてきてるようで、野鳥の使い方などをまとめた本も出版されている様子。

f:id:orient88:20180602103429j:plain    

緑に金。なんだかレトロさをも感じる個人的に大好きな色

 

 私は高校の1年の頃から使い始めた。近所の文房具屋で見かけて気になっていたというのと、秀才の友達がすでに愛用していたというのが決めてとなって購入するに至った。これは丁度10冊目だ。
 野帳には特徴がいくつかあるので自分なりにまとめてみた。

 

特徴1.ハードカバー

 

 野鳥は野外用のメモ帳と言っても良いのかもしれい。
野外でメモをとったり、記録をとる際は大抵は立った状態かしゃがんだ状態であろう。
その時に普通のメモ帳を使おうものなら不便極まりないだろう。その書きにくさたるや、、、

 どっこい、野帳はハードカバーなのでバインダーのような役目をしてくれる。おかげでとても記入しやすくなるのだ。

特徴2.開きやすい

 

 また、このときに必要となってくるのが開きやすさだ。
中途半端に開かれた日にはもうイライラが止まらないだろう。これはメモ帳のみならず、ノートブックにも言えることである。


 もちろん野帳はこの問題を解決している。ましてあのコンパクトさであるから、授業中に机の隅に置いてメモを取りながら(見ながら)受けるのも可能になってくる。実際自分もそうしていた。

特徴3.にじまない、裏移りしにくい

 

 万年筆ユーザーの自分にとってこれは非常にありがたかった。


万年筆や水性ペンを使うに当たって滲みと裏移り、裏抜けは厄介なもんである。折角のインクのグラデーションが台無しとなる。

f:id:orient88:20180602215251j:plain

  使った万年筆はPILOTのカクノ。字幅はMF(中細←調整してもらった)
インクはSAILORから、ご当地インクの秋田県田沢湖の湖面をイメージした「湖畔」

 尚写真はないがSAILORのプロフェッショナルギアM(インクフロー良好)で書いた場合でも大丈夫であった。

 

勉強に活用する

 私は受験期に野帳を重宝していた。
特に暗記ものに力を発揮しやすいので、古典・英語・地理の用語や単語を書き込んで単語帳のようにしていた。
 

野帳はジャケットの内ポケットに収まるサイズなので、通学時間や集会の時にスッと取り出しては単語の暗記に活用していた。

f:id:orient88:20180602220241j:plain

f:id:orient88:20180602220305j:plain

 

 先の写真にもあったが数学の公式の導出過程を理解したり、問題を解いたりするのにも使える。試験直前の確認に有効であった。
理解力に乏しい自分にとってこれは非常に役に立った。

f:id:orient88:20180602220626j:plain

f:id:orient88:20180602220645j:plain

 

まぁ今となっては。。

f:id:orient88:20180602221434j:plain

 一人暮らし始めたわけだしこうなっちゃうのも仕方ないよね。

買い物リストから講義のメモ、家計簿的に使ったりもしています。

鉱石趣味

 私は生まれは福島で、育ちは秋田だ。
 その秋田県の内陸部にマインランドという施設があり幼少期に年1回のペースで家族で遊びに出かけた記憶がある。そこは鉱山の跡地を改装?改築?したもので、鉱山跡を見学したり砂金採りを体験することが出来る。当時私が特にはまったのが、天然石掘りだ。約10種類のパワーストーンなるものが砂の中に埋まっておりそれを掘る、といった具合。まだ小学校低学年だった私はヘマタイトに惹かれていたようで、そればかり必死に探し回っていたらしい。おそらくその経験が鉱石に関心を持ち始めたきっかけだったのだろう。

www.osarizawa.jp

 

 

マインランドで採る天然石はどれも丸っこいのが多かった。
それはそれで素敵である。

だが現在の私は原石の方が魅力的だと思ってる。それもヘマタイト系統ではなく石英などの透明な鉱石。

 

f:id:orient88:20180508200649j:plain

 

 それらはセリアで購入した木製の棚に入れて飾っている。
 朝日に照らされて非常に美しい。比較的安価で購入出来るということもあり水晶、紫水晶(アメジスト)を多く所有してる。1つしか持ってないのだが「砂漠のバラ」と呼ばれる鉱石(左側上から2段目)もお気に入りだ。これは石膏や硫酸バリウムが混ざって結晶化した鉱石らしい。主に砂漠で採取出来ることからこの呼び名がついたのだろう。

 

f:id:orient88:20180508201900j:plain

 特に私が好きな鉱石がこの「蛍石(フローライト)」だ。
 これに関しては原石よりも加工されている方がより魅力的だ。八面体にカットするのが最も一般的なのだろうか。へき開が良いのでセルフでカットすることも可能らしいが私は挑戦したことがない。
 
 蛍石に関してはどうも集気瓶の中に保管したくなる。理科的な要素が含まれて見映えが良いのも事実。

 

 話は変わるが鉱石蒐集というのは一般人からの理解が得にくいのかわからないが、肯定的な反応をもらいにくい。だがSNSを覗けば同じ趣味の方がたくさんいる。彼らの載せている写真を見ても悪い気分にならないから不思議である。文房具や万年筆が好きというのもあってそちらの界隈にお邪魔していたが酷いものであった(詳しくは書かない)。そのせいか理科趣味、とりわけ鉱石の方は居心地がよい。
 鉱石と出会って10年といったところか。共通の趣味を持つ方々に出会えて良かったと心の底からお思っている。